2022.09.03

【両親への結婚挨拶】準備は万全?成功させるための5つのポイント

鹿児島イベント

プロポーズを受けたら、いよいよ両親への結婚挨拶!
初対面から好印象をもってもらえると、今後のお付き合いもスムーズに。
当日粗相のないようスマートに進めるには、あらかじめ準備しておくことが大切です。成功させるためのポイントをしっかりと確認をしておきましょう!

 

両親への結婚挨拶当日までの流れ

大まかな結婚挨拶の流れをおさらい。
次項からポイントごとに解説いたします!

1,結婚挨拶へ伺う日時の決定
2,お互いの両親の情報交換をする
3,結婚後のビジョンをふたりで話し合う
4,服装や身だしなみの準備をする
5,手土産を用意する

結婚挨拶当日

 

①結婚挨拶へ伺う日時の決定

【両親への結婚挨拶】成功するために気をつけておきたい5つのポイント

挨拶は、まず最初に男性が女性宅へ訪問するのが一般的です。
女性側の両親へ挨拶が済んだ後、男性側のご両親へご挨拶を。
日程を決める際には、自分の都合は出さずにご両親の予定を優先し、彼からご両親に聞いてもらい調整するのが良いでしょう。

準備の都合や心積もりなどを考慮し、2〜3週間ほど前から余裕を持ってスケジュールを組むのがおすすめです。
ご両親から時間の指定がない場合には、食事の時間を避けた10時〜11時ごろ、もしくは14時〜15時ごろと明るい時間帯に伺うのがベストです。

 

②お互いの両親の情報交換をする

【両親への結婚挨拶】成功するために気をつけておきたい5つのポイント

ご両親へ結婚のご挨拶することが目的なため、「何か気の利いたことを話さなきゃ」と必要以上に気を張る必要はありませんが、共通の話題があれば場が和み、ご自身の緊張も和らぐことでしょう。
事前に、彼と情報交換を済ませておき、想定される会話をシミュレーションしておくと安心です。

 

結婚挨拶前に確認しておきたい情報交換リスト

・両親の年齢
・家族構成
・出身地
・職業、勤務先
・生活スタイル
・性格
・趣味や興味関心があること
・タブーな話題(政治、宗教、学歴など)
・知っておきたい情報(礼儀に厳しい、人見知り、体の不調など)

 

③結婚後のビジョンをふたりで話し合う

【両親への結婚挨拶】成功するために気をつけておきたい5つのポイント

結婚挨拶の当日、「結婚式の予定は?」「今後の生活スタイルは?」などふたりの今後について両親から質問があることも。
結婚後の生活や経済的に問題はないのか、今後転勤の可能性はあるのか、その場合には一緒に暮らすのか、、など、若いふたりを心配して何かと尋ねてしまうのも親心。

現時点で回答できないことでも、曖昧な返答で心配させてしまわないように、事前にふたりで結婚後のビジョンをきちんと話し合っておきましょう
この話し合いは今後の生活や、結婚式準備にも役立ちます!
お互いどんなライフスタイルを送りたいのか、結婚式についてどんな考えなのかなど、今まで考えたことがなかった話題でもこの機会でしっかり向き合うことが大切です。

 

結婚挨拶前にふたりですり合わせておきたいリスト

・結婚式について(場所、時期、規模など)
・婚姻届の提出時期
・新婚旅行について
・同居の開始時期、住まいについて
・結婚後の働き方、ライフスタイルについて

 

④服装や身だしなみの準備をする

【両親への結婚挨拶】成功するために気をつけておきたい5つのポイント

結婚挨拶という特別な場のため、当日の服装はセミフォーマルを意識し、きちんとした印象を与えられるように準備をしましょう。
すでに何度か両親と面識がある場合にも、ラフな格好はNGです。

 

服装

清楚なワンピーススタイルがおすすめ。
短い丈やタイトなシルエットでは、座った際に太ももが見えてしまうため、膝が隠れる丈のフレアなシルエットのスカートが◎。

デコルテや袖も深いVネックや、広い襟ぐり、ノースリーブなど露出が多いデザインは避けるのが無難。袖付きや、カーディガンを持参すると安心です。

 

ヘアメイク

清潔感あるヘアスタイル、メイクを心がけましょう。
両親に好印象を持たれるような、ナチュラルで上品なスタイルを意識して!
明るすぎるヘアカラーや、デザイン性のあるネイルは挨拶の予定に合わせて変更しておきましょう。

 

アクセサリー・持ち物

華やかすぎるアクセサリー、ハイブランドの鞄や靴は派手な生活スタイルを連想させてしまう恐れも。
ワンポイント程度のアクセサリーや、シンプルなデザインの持ち物を心がけて。

 

⑤手土産を用意する

【両親への結婚挨拶】成功するために気をつけておきたい5つのポイント

手土産は挨拶に伺う上で、押さえておきたいポイント。
せっかくお渡しするので、あらかじめ好みや喜ばれそうなものをリサーチして、しっかり準備しておきましょう。

渡す時には「つまらないものですが」というのはNG。「好みだと伺いましたので」や「私も食べてみておいしかったので、お試しください」など、選んだポイントを伝えるとベター。賞味期限が短いものは避け、さらに和菓子は“無地のし”を掛けてもらいましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

結婚に向けての第一歩なので、どうしても結婚の挨拶は緊張してしまうもの。
万全な準備を整えて、しっかりとご両親にご挨拶をしましょう!

結婚式場選びでお困りの方は、Dressesブライダルカウンターにご相談してみてはいかがですか。
経験豊富なDressesコンシェルジュがお二人の希望を叶える結婚式場を的確にご紹介いたします。

Dressesブライダル相談カウンターの詳細はこちら★
ご紹介できる結婚式場一覧はこちら★

 

\Dressesブライダル相談カウンターのお問合せはこちら/

タグ