2019.08.19

マタニティウェディングはいつがベスト? ドレス選びや挙式準備のポイント

Dresses

新婦さまが妊娠中に結婚式を行うことを、マタニティウェディングといいます。

お腹に赤ちゃんがいるためマタニティウェディングでは、気をつけなければいけないことがたくさんあります。

授かり婚の方や、挙式を進める中で妊娠がわかった新婦さまなど、これから準備を始めるプレママさまは、ぜひ、挙式準備のポイントを押さえておいてください。

 

マタニティウェディングは5ヶ月頃がおすすめ

ウェディングドレス ENZOANI 03-8969 /Fiore Bianca

「お腹が大きくなる前に!」と、早めに挙式をしたくなるかもしれません。

しかし、妊娠4ヶ月頃までは、つわりがまだまだつらい時期です。

体調のことを考えると、妊娠5ヶ月くらいの安定期まで待ったほうがいいでしょう。

また、7ヶ月を過ぎてしまうと、お腹も目立ち入るドレスが限られてしまいます。

よって、マタニティウェディングにベストな時期は、安定期に入りたての5〜6ヶ月です。

 

ウェディングドレスはマタニティでも着られる?

最近では、マタニティの方でも、豊富なデザインから選べるようになってきました。

ドレス選びのポイントは、お腹が大きくてもキレイに着ることができ、負担をかけないものを意識して選ぶといいでしょう。

これからお腹はどんどん大きくなりますので、ぴったりサイズよりも大きめを選ぶようにしましょう。

 

安心なマタニティウェディングの準備について

ウェディングドレス /Authentique

妊娠中に結婚式の準備をするのは意外と大変です。

ことに、大規模な結婚式を予定しているなら、その負担は想像以上でしょう。

もし、身体のことが心配であれば、挙式の規模を検討することも大切です。

結婚式は親族だけで行い、お友達は1.5次会に招くなど、規模を縮小したり、時期をずらして行ったりすることも考えてみましょう。

ウェディングドレス / Authentique

 

打合せ回数を調整できる結婚式場に

ウェディングドレス ENZOANI /Fiore Bianca

通常の結婚式の場合、ドレスの試着や打合せなど、何度も式場へと足を運ばなければいけません。

しかしこれでは、身体に大きな負担がかかってしまいます。

できれば都合に合わせ、打合せ方法や回数を調整してくれる式場を選びましょう。

電話やメールで打合せをし、最低限の打ち合わせ回数で済ませることができれば、身体への負担は大幅に減ります。

 

マタニティウェディングプランを活用して

ウェディングドレス ANTONIO RIVA /JUNO

挙式までのリミットがあるマタニティウェディングの場合、ドレスや食事など、さまざまなことを決定するのは簡単ではありません。

そこでおすすめしたいのが、マタニティウェディングプランを利用するという方法です。

マタニティウェディングプランは、3〜4週間などごく短期間で実現する挙式プランのことです。

ある程度パックになっていて、最低限の決定事項だけで結婚式を挙げられます。

マタニティウェディングをするなら、無理をしないようにしてください。

マタニティウェディングに向いている時期は、5〜6ヶ月頃ですが、場合によっては時期をずらしたり、規模を変更したりすることも大切です。

マタニティウェディングプランなど、ある程度パッケージになっているプランを選ぶと、準備の負担が軽減できますよ。

 

Dressesではウェディングドレスのプロのドレスコーディネーターが、最高の一着を見つけるお手伝いをしております。

お悩みに応じたウェディングドレス選びも、下のボタンからお気軽にお問い合わせくださいませ。

タグ

おすすめコラム