2021.08.17

/

お色直しの退場は誰とする?中座のエスコート役の選び方

お色直しで中座するとき、ただ退場するだけでは面白くありません。

そこでおすすめなのが、誰かにエスコートされながら一緒に退場するという演出です。

もしかすると、あなたも今、誰と退場するのかで迷っているのではないでしょうか。

この記事では、卒花嫁さまの体験談も参考にしながら、

「誰と退場するのか」

というトピックについて触れていきます。

知らないとトラブルになることもあるので、演出のポイントをしっかりと押えてくださいね!

 

お色直しの退場は誰と?定番は「両親」

ウェディングドレス KENNETH POOL /JUNO

これまでお世話になった両親と退場するシーンは、お色直し中座の定番です。

中でも多いのが、母親と退場するケースで、多くの卒花嫁さまが実母と退場することを選んでいます。

父親とはバージンロードを歩くため、花嫁さまは特に、母親との退場を望むようです。

花嫁さまは、親元を離れて、夫となる人の家に嫁ぎます。

育ててくれた感謝を伝えるきっかけとして、両親のどちらかを選択するケースが多いのです。

 

両親に続いて多いのが「祖父母」「きょうだい」「甥姪」

ウェディングドレス/JUNO

両親についで多いのが、祖父母や兄弟姉妹、甥っ子や姪っ子を選ぶケースです。

「おばあちゃんが大好きだから」、「いつも優しいお姉ちゃんと一緒に歩きたい」、

「会場を沸かせたいので可愛い姪っ子と」など、さまざまな選択理由があります。

家族といい思い出を作りたい、そんな新郎新婦さまが多いのかもしれません。

 

「親友」を連れてのお色直し退場も定番に

お色直し退場では、親友をエスコート役に選ぶこともあります。

出会いのきっかけになった人や、仲を取り持ってくれた人など、キューピット役が指名されることも多いです。

なぜ友人と退場するのか?と、疑問を持つ人もいらっしゃるかもしれません。

しかし、よき友人に恵まれた新郎新婦さまを目にすることは、家族にとっても嬉しいこと。

幸せな瞬間でもあるのです。

 

お色直しの退場は「演出」にこだわって

カラードレス / Authentique

ある新郎さまは、複数の友人らに「胴上げされながら退場する」という演出を選びました。

お祝いムードが高まり、会場は大盛り上がり!

このように、“誰と”退場するかだけでなく、演出方法にもこだわってみてください。

エスコート役の方に事前にオファーしておくのもいいですが、当日、会場でサプライズ発表するのも感動的です。

ムービーを流したり、生演奏を頼んだりするなど、さらに感動を煽るような演出にしてもいいですね。

 

「誰と退場するか」でトラブルにならないために

お色直しで誰と退場するかは、決まりがあるわけではありません。

最近では、「これからよろしくお願いします」という気持ちを込めて義理の両親と中座することもあり、その選択は新郎新婦さまに委ねられます。

しかし、親族以外の異性と退場することだけは、避けなければいけません。

また、挨拶や余興などをお願いしている人以外にすると、負担がなく安心でしょう。

 

まとめ

白無垢/JUNO

お色直し中は、会場の人にとっては主役不在の状態です。

しかし、印象的な退場の仕方をすれば、ゲストの話の種にもなり、主役不在でも、会場のムードは温かいままにできるでしょう。

ただ“退場するだけ”と思うかもしれませんが、挨拶や余興と同じくらいの、大切な演出ということを覚えておいてください。

誰にエスコート役を頼むかは悩むかもしれませんが、会場が幸せムードに包まれるような、そんな相手を選べば演出は成功するでしょう。

 

Dressesではウェディングドレスのプロのドレスコーディネーターが、最高の一着を見つけるお手伝いをしております。

お悩みに応じたウェディングドレス選びも、下のボタンからお気軽にお問い合わせくださいませ。

タグ

おすすめコラム