あなたに合わせたタキシード選び

タキシード選びの3つのポイント

ウェディングドレスの専門家であるコーディネーターが、花嫁様のイメージや会場に合わせた ドレス選びのテクニックを伝授する企画「コーディネーターズ ヴォイス」。

I.Yamaguchi

JUNO / JUNO 天神本店

はじめに…タキシードとは?

新郎さまのお衣装といえば、タキシードが定番のスタイルです。

日本の結婚式では、白やシャンパンゴールドのタキシードをお召しになる方もいらっしゃいますが、JUNOではフォーマルなオールブラックダークネイビー、ミッドナイトブルーといったお色味のタキシードをご提案しております。

近年クラシックに回帰しているタキシード文化の中でも、この3色はもっともフォーマルとされているお色味で、海外の式典やパーディなどで多くの男性が着用されています。

日本の場合、お祝い事で紋付袴を着る機会があった際に、黒系のお色を選ばれるのに近い感覚ですね。

そしてこの黒やネイビーのタキシードは、花嫁さまの白いウエディングドレスを1番綺麗に見せる色とも言われています。

タキシードは花嫁さまの横に寄り添われる新郎さまだけに許された、とっておきのエスコートスタイルです。

 

「夏」に合わせてご提案するタキシード

今回「夏」というキーワードに合わせご提案するアイテムは、JUNOオリジナルブランドの爽やかなネイビーのタキシードです。

挙式では、タキシードにベーシックな白のウイングカラーシャツ、黒い蝶ネクタイ、白いポケットチーフを合わせ王道なコーディネートに。

足元は、靴墨で花嫁さまのドレスの裾を汚さない、エナメルのシューズがスマートとされていますが、黒い皮の紐靴であれば問題ありません。

これからの人生を共に歩んでいく一足という意味を込め、結婚式を機に靴を新調するのもおすすめです。

花嫁さまがドレスを着用される場合、3~10cmのヒールを履かれるため、普段のお二人のナチュラルな身長差に近づけるためのインヒールの靴もご用意しています。

インヒールの靴を履くと、腰の位置も高くなるため、スタイルが良く見えるのも嬉しいポイントのひとつです。

シチュエーションを踏まえた紳士的なコーディネートで、セレモニーをかっこよくエスコートしてください。

 

 

「家族挙式」に合わせたタキシードとは?

「家族挙式」は、ご両家が揃い、家族だけでのリラックスした時間を過ごせると人気の挙式スタイルです。

挙式後新婦さまがお色直しをご希望の場合は、小物を少しカジュアルなものに変えることで、雰囲気の異なるコーディネートがお楽しいいただけます。

先ほどまでの挙式スタイルから、お色直しするのは、シャツ・蝶ネクタイ・ポケットチーフの3点です。

まずはシャツをイタリアのブランドErrico Formicola(エリコフォルミコラ)の柔らかさと温かみのあるダンガリーシャツにチェンジ。

カジュアルなダンガリーシャツを合わせることで、夏らしいリゾート感のある雰囲気になり、挙式の印象とはガラリと変わります。

続いて蝶ネクタイは、シャツのお色味に合わせたグリーン系、またはタキシードのボタンに合わせた白系がオススメです。

JUNOでお取り扱いをしている蝶ネクタイは、オランダ人の女性デザイナーが手がけるイギリスのブランドjupe by jackie(ジュップアンドジジャッキー)。

ひとつひとつにインドの職人による繊細な刺繍が施されている蝶ネクタイは、デザインもとても可愛く、花嫁さまが気に入られることも多い今人気のブランドです。

そして最後に、イギリス紳士御用達の老舗ブランドDRAKE’Sの柄物のチーフをポケットにインすれば、お色直しコーディネートが完成。

季節やシチュエーションに合わせ、晴れの日のお衣装をぜひお楽しみください。

 

ご新郎さまがお召になるタキシードも、シーンや季節に合わせてコーディネートしたいですね。

ウェディングドレスや会場の雰囲気などのバランスも考慮することも大事です。

ご新郎さまも拘りを持ってコーディネートしていきましょう!

その他タキシードコーディネートはこちら★

タキシードのご試着予約は下のピンクのボタンからお待ちしております。

ドレスに関するご相談はお任せください

お客様の魅力を最大限引き出すドレスを
専門のコーディネーターが
ご提案します。
一度のご来店で最大4着のドレスがご試着可能。
(お式日・式場がお決まりの方)
お客様のご要望に合わせてお選び頂けます。
アクセサリーなどもトータルで
コーディネート。当日は手ぶらで
お越しいただいても大丈夫です。

その他の記事