2019.06.14

/ /

小物合わせがセンスアップの鍵!ウェディンググローブの選び方と注意点

ウェディングドレス選びが終わったら次は小物選びです。

アクセサリーやブーケなどの選び方についてはご存知の花嫁さまも、グローブとなるとピンと来ない方も多いのではないでしょうか?

何かと花嫁さまの手先はゲストに一日中見られていることもあり、グローブ一つでドレスの雰囲気や全体の印象も異なります。

今回はグローブの選び方と注意点についてお伝えしていきます!

 

ドレスに合わせてグローブを選ぶのが鉄則です!

ウェディングドレス ROSA CLARA /Authentique

グローブを選ぶタイミングはドレスが決まった後の、小物決めの段階が一般的で、小物と同じように、ドレスの雰囲気、素材に合わせて選ぶのが鉄則です。

では種類、長さ、素材別に選び方を見ていきましょう。

 

グローブのデザインを選ぶ

ウェディングドレス/Authentique

厳格なチャペルでの式では露出を極力抑えることが望ましいため、指ありタイプが基本です。

指先を露出するタイプを使用したい花嫁さまはよく確認しましょう。

デザインが決まったら、グローブの長さを選びます。

 

グローブの長さを選ぶ

ウェディングドレス RS Couture /JUNO

ウェディンググローブの長さは3種類あり、長くなるほどフォーマルな印象になります。

スリーブの長さやトップのデザインに合わせて選ぶとバランスが良く、まとまりのあるコーディネートになります。

 

ショートグローブ(18〜20cm)

ウェディングドレス INES DI SANTO /JUNO

手首までの長さのグローブです。

長袖や7分丈のドレスに合わせるとバランスが取りやすい長さです。

ビスチェタイプやオフショルダーのドレスに合わせると軽やかでモダンな印象になります。

「カジュアルになり過ぎるな」と感じたら長めのグローブを合わせましょう。

 

肘下ミディアムグローブ(40〜45cm)

ウェディングドレス ROSA CLARA 03-70353 /Authentique

基本的にどんなスリーブの長さにも合わせやすいグローブで、肘下までのタイプのため腕を曲げた時にシワになりにくく、スッキリ見えます。

 

ロンググローブ(50〜70cm)

ウェディングドレス ENZOANI 03-8617/ Fiore Bianca

肘上まであるタイプのグローブで、丈が長いほどフォーマルな印象になります。

長いグローブのため、スリーブのないビスチェタイプやキャミソール、タンクトップ、スリーブが短いオフショルダーのデザインのドレスと合わせるとバランスが取りやすいです。

露出度は減りますが、布の面積が増えるため少し腕が強調されます。

二の腕が気になる方は注意しながら選んでくださいね!

 

ドレスに合わせて素材を選ぶ

ウェディングドレス ISABELLE ARMSTRONG /JUNO

ドレス同様、素材によって印象が変わってきます。

ドレスと全く異なる素材を選ぶととてもアンバランスな印象になるので、少し違う種類の素材を選ぶ時には、雰囲気が近い素材を選びましょう。

 

サテン・・・光沢のある生地で、滑らかな手触りです。上品で華やかな印象になります。

オーガンジー、シフォン・・・軽くて、透明感がある素材です。清楚で可愛らしい印象になります。

レース・・・デザインによって可愛らしい印象になったり、ゴージャスさが出たりといろんな表情になる素材です。

コットンレース・・・コットン生地の上から刺繍されているため、カジュアルな印象やナチュラルな雰囲気にピッタリです。

 

その他グローブついてのコラムはこちら★

いかがでしたでしょうか。

小さなアイテムですが、ドレスにぴったりのものを選ぶのは難しそうですよね。

どんなグローブを選ぶか迷う方は、是非試着の際に相談してみてくださいね。

 

Dressesではウェディングドレスのプロのドレスコーディネーターが、最高の一着を見つけるお手伝いをしております。

お悩みに応じたウェディングドレス選びも、下のボタンからお気軽にお問い合わせくださいませ。

タグ

おすすめコラム